HOME >> インプラント・矯正歯科 >> 開口や咬合は矯正歯科でも治療の余地あり・

開口や咬合は矯正歯科でも治療の余地あり・

img22

 

歯並びの良くない物としては、反対咬合いわゆる

受け口というパターンもあります。

 

それは、下の前歯が上の前歯に比べて前に

とび出ているような状態をいいます。

 

実際喜多見の矯正歯科でも患者さんが多くいらっしゃるのです。

 

それですと、良く噛めないばかりでなく、

口の発音にもとても影響がでてきてしまうのです。

 

さらには、口の形がしゃくれたような顔の印象を

強く与えてしまうのです。

 

次に、開咬というパターンです。

たまにいらっしゃるのですが、奥歯は噛んでいても、

噛み合わせが前歯が噛み合わないような状態をいいます。

 

これでは、前歯で物をしっかりと噛みきることがなかなかできません。

 

そして、口の発音もしずらくさらには見た目にも

とても良く無い状態なのです。

 

さらには、くせで時々指をしゃぶる、さらには舌を出す癖、

鼻がつまっており、口で息をするなどで開口になるような

方が矯正歯科でみていても起こることが多いようなのです。



矯正歯科はどうする? インプラントも解説の歯医者サイトへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。