HOME >> インプラント・矯正歯科 >> 滅菌状態から成城 インプラントで埋入する・

滅菌状態から成城 インプラントで埋入する・

img23

 

骨の状態を確認するのは、骨の中での方向性、

さらには深さで、隣の歯根とか、神経にとても近過ぎないか、

そしてどうか安全にしっかりと進めるのかです。

 

そして、順番にアゴの骨を太く削って行って、

インプラントを所定の太さまでにします。

 

もちろん、この時に、インプラントをチャンとできているのか

レントゲンなどで再確認する為に成城 インプラントのCTをとり、

深度ゲージと言うものをしっかりと埋めて、

再度レントゲンの撮影とかする場合もあるのです。

 

 これで治療の準備万端となったら、

患者さんのインプラントを始めて、

しっかりと滅菌ケースから開けてインプラントを出し、

形成したホールにしっかりと植立して行きます。

 

今ある、骨が硬い場合は、もちろん予めネジ切るような

器具でネジ切りしないと、まったくいけない場合も実は良くあります。

 



矯正歯科はどうする? インプラントも解説の歯医者サイトへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。