HOME >> インプラント・矯正歯科 >> 後戻りを防ぐ経堂 矯正歯科での処置とは・

後戻りを防ぐ経堂 矯正歯科での処置とは・

img13

 

歯の矯正歯科治療においては、治療の必要が

なくなりましたら、矯正歯科では インプラントは除去し、

歯グキに跡が残ることはまったくありません。

 

 コルチコトミー手術いわゆる皮質骨骨切り術などの

新しい術式により、矯正期間の大幅な短縮、

大体の約1/2~1/3くらい可能になりました。

 

 そしてつまり、今まで経堂 矯正歯科でもそうなのですが

3年かかっていた方が、 治療の期間として1年~1年半ほどで

矯正歯科でもそうなのですが矯正治療をしっかりと

終えることができるようになったのです。

 

 この治療法は、手術により歯を支えているとしても、

骨の表面にしっかりと切れ目を入れて、

歯と骨とを同時に歯グキに移動させ、

 

 無理のない治療の短期間の

矯正の治療を可能にしたのです。

 

 そしてまた、成人の矯正の問題点などとされていた、

歯の矯正治療中の痛みや歯根吸収や

矯正歯科の治療後の歯の後戻りなども

実に大幅に軽減されるメリットもとてもあります。

 



矯正歯科はどうする? インプラントも解説の歯医者サイトへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。