HOME >> インプラント・矯正歯科 >> 妊娠中に歯科治療を祖師谷 歯科 歯医者などで受ける時期とは・

妊娠中に歯科治療を祖師谷 歯科 歯医者などで受ける時期とは・

img03 

 

歯医者の治療に関しては,原則的には治療を行って

悪い時期というものはないとされていました.

 

ただし,妊娠初期は,『つわり』や『流産の危険』の為,

一時的な処置で留めておくのが一般的でした.

 

また,妊娠後期では仰向けで長時間

歯科治療を受けるのが大変でしたし,

出産間近ではちょっとした刺激でも早産となる危険性がありました.

 

従って,妊娠約5-7ヶ月の安定期が最も

歯科治療を受けるには適していました.

 

この時期であれば,虫歯や歯肉炎等等に対する

一般的な祖師谷 歯科 歯医者などでの

処置は特に心配なく受けられるのではないでしょうか。

 



矯正歯科はどうする? インプラントも解説の歯医者サイトへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。